いろんな人のムダ毛処理法

【要確認】 当サイトに寄せられた様々な人のそれぞれのムダ毛処理法

重要なムダ毛の処理法なのですが、ある人はカミソリを使っていたり、ある人はワキなど頑固な部位には毛抜きで1本1本抜いていたりまたは家庭用の脱毛器を使っているなど、人それぞれ違う処理法で行っていると思います。


このページでは「いろんな人のムダ毛処理法」と題して、当サイトが実施したアンケートやサイトに寄せられた体験談などに関して、誤字を整えたり段落を整理するぐらいで手を加えることなくそのまま紹介しています。


ここのページでいろいろな人が行っている方法を読むことで、他の人が気にしているポイントや自分のムダ毛処理の参考になると思います♪

<処理法1> カミソリ負けするので除毛フォームと毛抜きを使用

この人は以前まではカミソリで処理をしてたのですが、赤みやかゆみなどカミソリ負けを起こすということで、今は気になる部位に塗ってムダ毛を溶かす除毛フォームを使い、ワキは毛抜きで抜いて処理しているようです。


<処理法2> 毛抜きとT字カミソリと家庭用脱毛器

この人の処理法はそれぞれに利点が違う、「毛抜き」「T字カミソリ」「家庭用脱毛器」を部位別に使い分けており、ひざ下は必要時のみで腕は放置しているようです。


<処理法3> 主に家庭用脱毛器でカミソリも併用

この人はスポーツをしているので1年中ムダ毛は気にしていて、処理の頻度が少なくて済む家庭用脱毛器と、お肌のダメージを抑えられるカミソリを併用して使って処理しているようです。


<処理法4> 処理前に毛穴を開き処理後は冷やして保湿

この人はカミソリを使うと肌トラブルを起こしてしまいがちなので、その対処法として処理前にお風呂でのミストサウナで毛穴を開いてから処理して、その後にアフターケアとして冷やしてから化粧水などで保湿しているようです。


<処理法5> もっぱらカミソリですが脱毛も考えてる

この人はシャワーを浴びるついでに、処理する部位に泡を立てた石鹸をつけてカミソリで処理しているのですが、カミソリ負けによって皮膚科に通うこともあるようで、それなら病院で脱毛することも予定しているようです。


<処理法6> 個所によって異なる処理法をしてます

この人は主にカミソリを使っていますが、足・腕・ワキと場所によって処理法が微妙に異なるようで、過去に受けたレーザー脱毛による効果のおかげでそこまでムダ毛に悩まされていない印象を受けます。


<処理法7> 処理法をいろいろ試して今は抑毛ローション

この人は小学生・中学生の頃から自分の毛深さに悩んでいて、T字カミソリから始まり脱毛テープ・脱毛ワックス・電気脱毛器などで処理をしていたが、どれも肌荒れを起こしてしまうので、今は抑毛ローションを塗るだけという方法に変えたようです。


<処理法8> 家庭用のレーザー脱毛器を主に使用

この人は学生時代から特に太もも裏の濃くて太いムダ毛に悩まされていてずっとカミソリで処理していましたが、最近では家庭用レーザー脱毛器を購入してレーザー照射による処理で、ムダ毛が細くなっている効果を感じているようです。


<処理法9> 肌の露出が増える時期は4日に1回

この人は普段からカミソリで処理をして、肌の露出が増える時期は4日に1回くらいのペースで行っており、入浴時にシェービング専用ムース・クリームなどを使用してダメージを最小限に抑え、処理した後は乳液やボディークリームや化粧水などを使用して、アフターケアしているようです。


<処理法10> お風呂場で剃刀を使って処理してます

この人は冬は処理を怠りがちで露出の増える夏は2日に1度位のペースでお風呂場で剃刀を使って処理するのですが、専用クリームなどは使わず身体を洗った泡で剃り、脇のムダ毛は毛抜きを優先して使っているようです。


<処理法11> 紙やすりのようにムダ毛部分を擦る

この人は紙やすり状の物で、ムダ毛部分を擦って脱毛するというアイテムを肌が乾燥している状態の時に使用して、処理後はクリームで保護しているようです。カミソリや脱毛ワックスなどと比較して痛みもなく経済的とのこと。


<処理法12> カミソリと豆乳ローションを使用してます

この人は独身の頃はエステに通っていましたが、結婚後は節約のために行くのをやめ、自宅用の脱毛器具も合わないということで、今はカミソリでの自己処理とムダ毛が細く目立たなくなるという豆乳ローションを使っているようです。


<処理法13> アンダーヘアもカミソリと毛抜きで処理

この人は学生のころからムダ毛処理をしていて、ワキやすねだけでなく今ではビキニライン・Iライン・Oラインなどのアンダーヘアもカミソリと毛抜きだけで自分で処理しているようです。


<処理法14> 脱色と家庭用脱毛器を使ってます

この人は物心ついた頃から毛深いことで悩んでいて、カミソリで処理するけど前より硬く目立つようになるのが嫌で、薬局で売っている脱色剤を使うのと、脱色だけでは対処できないひざ下のムダ毛は家庭用脱毛器で処理してから、乳液などでアフターケアをしているようです。


<処理法15> カミソリ・脱毛器・脱毛テープを使い分け

この人ははずれのエステに通うのを止めて以来は、カミソリ・脱毛器・脱毛テープなどを気分によって使い分けており、短時間で処理できるカミソリをメインに、ムダ毛を一気に抜くことのできる脱毛テープと、しばらく処理できない時に効果的な脱毛器を使って処理しているようです。

脱毛エステサロン・おすすめランキング (申し込み数が多い順)

第1位 ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは全国に179店舗と日本トップラスの店舗数を誇り、 タレントのトリンドル玲奈さんがCMに出演していることでも有名な、超人気の脱毛専門サロンです。


徹底した無料カウンセリングと、針やレーザーと比較して痛みが少なく脱毛スピードが速いS.S.C.脱毛で、 気になるムダ毛だけでなく、仕上がり後のお肌も美しい状態にすることに定評があります。


化粧品やコースの強引な勧誘やセールスを決してしないことも評判で、 1年間に4万人以上の新規契約者で、その新規契約者の約4割が既存会員からの紹介という絶大な顧客満足度を誇ります。


今なら全身12ヶ所から選んで1ヶ所100円・4ヶ所で400円という、格安のお試し体験コースが用意されています。


営業時間 体験コース 脱毛方法
10:00〜22:00の間で店舗によって異なる 全身12ヶ所から選んで1ヶ所100円、4カ所選で400円 S.S.C.脱毛

第2位 銀座カラー

銀座カラーはネットを中心に口コミで絶大な評判を集めている、人気の脱毛専門サロンです。


脱毛方法は、長年の研究と経験に基づく肌に与えるダメージが少なく広範囲に脱毛可能なIPL脱毛を採用、 1人1人のお客様のデータをとった脱毛マニュアルの製作、完全個室、スタッフの担当制、脱毛前後の肌のサポートなど、 脱毛専門サロンならではの分厚いサービスを提供してくれます。


ネット上にある数多くの口コミサイトでも、No.1に選ばれるほど圧倒的な人気を誇っているので、強引な勧誘や化粧品の販売などもなく、お客様目線に立った非常に親切なサロンとしても有名です。


今なら22箇所をカバーしている全身脱毛が、月額4,100円(初月は無料)という料金で受けることが可能です。


営業時間 格安プラン 脱毛方法
平日が12:00〜21:00
土日・祝日が10:00〜19:00
月額4,100円で全身22箇所の脱毛(初月無料) IPL脱毛

第3位 エピレ

エピレはエステ業界でも最大手に君臨する、創業35年の歴史を誇るエステティックTBCがプロデュースしている脱毛専門サロンで、お客様の声をそのまま反映しているサービスが口コミでも話題です。


エピレの脱毛方法は日本人の肌に合わせた独自のフラッシュ脱毛で、広範囲に照射することのできる日本人の肌に合わせた独自のフラッシュ脱毛で、さらに皮膚の内部のコラーゲンを刺激することで、脱毛だけでなく美しいお肌を作り上げることにも徹底して研究しています。


透明性のある明確な料金設定、施術における期限なしの保証・全額返金保証、またもしもの時のドクターサポートなど、非常に分厚い消費者目線でのサービスを提供していますし、もちろん強引な勧誘や必要のない化粧品のセールスなど一切ありません。


他のサロンとは違いお試し体験コースも内容が濃く、1,200円で両ワキかVラインを6回脱毛できるプランや、3,600円で好きな箇所を3〜6回脱毛できるプランなど、この体験コースの利用だけでも充分に効果が期待できるでしょう。


営業時間 体験コース 脱毛方法
平日が12:00〜21:00
土日・祝日が10:00〜19:00
両ワキかビキニラインのどちらか1ヶ所を6回(1,200円)、Sパーツは6回・Lパーツは3回のどちらか1箇所(3,600円)、VIOラインの5ヶ所を3回(9,900円) フラッシュ脱毛